ニーサ投資金額は会社四季報か投資信託かを選ぶ

ニーサは少額投資非課税制度で、中長期的な資産形成の定着を目指して、2014年1月からスタートしました。
この制度がスタートする前から、メディアなどで取り上げられたり、証券会社や銀行が顧客獲得のために盛んに宣伝を繰り広げていたため、国民に広く知れ渡ることとなりました。
そのため、ニーサで買う株や投資信託で得た利益は非課税になるため、得であることは理解できたけれども、システムがいま一つ分からず手を出せないという人もいることでしょう。
ニーサの非課税投資金額は、年間100万円までに設定され、5年間の期間が非課税となります。毎年100万円の投資金額を5年間行えることになるため、最大500万円分の投資枠から得られた利益の税金が非課税になるということです。
ニーサは、投資金額枠で購入できる株や投資信託を選ぶことになりますが、選択が悪くて利益を得られず損失になった場合は、他の口座で得た利益との損益通算ができません。節税するために始めたニーサが、損失が出た場合は節税が出来ないことになってしまいます。
そのためにも、購入する銘柄は会社四季報などを参考にして、選ばなければなりません。
会社四季報は、年に4回発行される上場会社企業の情報・データが掲載された書籍で、上場している全ての会社の基本情報が得られます。この会社四季報から、値上がりしそうな企業で投資額枠内で購入できる株を選ぶことになります。
株投資が初めての方は、会社四季報を見ても何がいいのか分からないものですから、投資信託を買うのがいいでしょう。
投資信託でしたら、プロが運用してくれますので毎日株価を見る必要もありませんし、投資額枠の100万円がきっちり使うことができます。株でしたら、100万円ぴったりの株は存在していませんし、複数を組み合わせても難しいでしょう。